高知を知りたい!移住に興味がある!アウトドア好きの方に!

高知の海の幸、山の幸をこれでもか! と贅沢にBBQしながら楽しめる移住交流相談会


10/21(sat)

アルコール・ソフトドリンク有り

*移住交流相談が目的の会のため、セミナー&BBQの両方に参加する方が対象となります。

*15:00~  ユニバーサルシティ駅からの送迎があります。

チケット

一般(中学生以上)¥2,000
子供(小学生)¥500
乳幼児無料

販売期限: 2017/10/16 8:00:00

※コンビニ / ATM でのお支払いは、2017/10/15 で締め切られます。


セミナー会場 舞洲スポーツアイランド会議室

BBQ会場 大阪リゾートホテル・ロッジ舞洲 「森とリルのBBQフィールド」

タイムスケジュール

  • 15:30〜 受付
  • 16:00〜 セミナー開始
  • 17:30~ セミナー終了&移動
  • 18:30~ BBQスタート
  • ~20:30 BBQ終了

当日の極上食材

本山町極上山の幸タイトル

土佐あかうし

土佐あかうしは土佐褐毛牛ともいわれ、高知県の山間部を中心に飼育されている褐色の毛色をした牛で、年間500~600頭しか出荷されていない、幻の和牛と呼ばれるほどの貴重な品種です。赤肉と霜降りの2つの美味しさが最高のバランスで共存しているところが特徴で、ジューシーできめ細かく適度な歯応え、噛むほどに肉本来のうまみがじんわりと広がり、余韻を愉しめる味わいです。

土佐あかうし

原木しいたけ

一般的に流通している椎茸は90%が菌床栽培(おがくずをブロック状に固めたものに菌を植え込む)。ナラやクヌギの原木に、しいたけの菌を植え込む原木栽培は、重労働で安定生産も難しく生産者は減少しているため、現在は10%ほどしか流通しておらず、本山町はその貴重な原木栽培をしている原木椎茸の産地です。

原木にこだわった本山町産しいたけの“コリコリ”とした食感は最高です。

原木しいたけ

土佐天空の郷

「満点☆青空レストラン」でも紹介!

棚田育ちの美味しいお米「土佐天空の郷」は、贅沢に1.9mm以上の網目でふるいに掛けた大粒のお米のみを選抜しています。また農家別に乾燥調整し、食味分析により食味値の基準を満たした物だけを使用。更に色彩選別機により玄米の着色粒や虫の被害を受けたお米を取り除いています。ふっくらと炊きあがり、室戸海洋深層水により甘みを持たせたのが特徴です。

土佐天空の郷

須崎市極上海の幸タイトル

カツオ

高知と言えばカツオのたたき!

ポン酢で食べるも良し。塩で食べるも良し。豪快に火で炙ることにより、刺身とは違った味わいがあります。

カツオ消費県日本一の高知が誇る、自慢の一品です。

カツオ

干物

海の町ならではの加工品。新鮮な魚の旨みがギュッと詰まった干物は、おつまみにピッタリ。BBQの炭火でじっくり丁寧に焼き上げることで、じゅわじゅわと魚の脂が溢れ出し、お酒にもご飯にも合うこと間違いなし。今回は【やけど】と【サバみりん】の2種をお持ちします。

干物

うつぼ

見た目はちょっとグロテスク。ぬめりがすごく、何度も修行しないとさばけない厄介者。須崎市ではこの海のギャング「うつぼ」が古くから食されてきました。クセがなく淡白な味わいで、コラーゲンたっぷり!BBQでは、蒲焼きにしていただきます。

うつぼ

本山町・須崎市の紹介

本山町
ってどんなところ?

本山町には大きな空があります。

町のまんなかを吉野川が流れ

自然を愛する人々が暮らしています。

四季を彩る花が咲き歴史を彩る人物が生き

悠々と、蕩々と時が流れています。

本山町ってどんなところ?
本山町の位置
本山町をもっと知る

須崎市
ってどんなところ?

南国高知のほぼど真ん中、南はどか〜んと広がる太平洋。まちを流れる新荘川は、日本で最後にニホンカワウソが確認された場所として知られています。近ごろは海での鯛ラバ釣りが人気で、手軽に始められ初心者も病み付きに!そして季節ごとに様々な魚貝類が水揚げされ、養殖業も盛んです。毎日格別な海の幸が堪能できること間違いなし!

シーカヤック、サーフィン、釣り…海遊びを楽しんでいる人たくさんいます!あなたも壮大な須崎の海を満喫しませんか?

須崎市ってどんなところ?
須崎市の位置
須崎市をもっと知る

プレゼンター紹介

三谷仁

三谷仁

1957年生まれ。本山町出身(生まれは土佐町)

地元の高校を卒業後、東京の専門学校へ。約37年ぶりに本山町へUターン後は、本山町移住相談員となり、日々、移住・定住相談、空き家の開拓、人と地域を繋げる相談員を目標に活動中。今年、移住相談員5年目の還暦を迎える「迷相談員」

川崎紗也加

川崎紗也加

1993年生まれ。東京都出身。

昨年3月、東京農業大学を卒業し、現在は本山町地域おこし協力隊2年目。教育民泊の推進を行いつつ、本山町観光協会や本山町消防団中央分団に所属。

今年、初めて田んぼを借り、農業にも挑戦中。(写真は今年新嘗祭に早乙女として参加させていただいた時のもの)

里本裕規

里本裕規

1989年生まれ。長崎県五島列島出身。

新しい働き方を求め、佐賀県内の市役所を退職し高知県へ移住。約1年半フリーランスとしてライター業をしたのち、自然や住む人たちの雰囲気に惹かれ20174月に本山町へ移住。

現在はNPO法人ONEれいほくのスタッフとして活動を行う。

鈴木伸明・若葉

鈴木伸明・若葉

1980年・1983年生まれ。神奈川県・沖縄県出身。

2人で国内、海外を巡り、カナダでシーカヤックを覚える。自分達が楽しめ、お客様に自信を持って紹介できる須崎の海に出会い、移住。仕事と両立しながら、「レモレモカヤックス」の運営や、四国のアウトドア専門ポータルサイト「Zip-Shikoku」をプロデュース。

伊藤理恵

伊藤理恵

1981年生まれ。千葉県出身。

旅行で高知に来たときに屋台で隣で座った人がビールをたくさんご馳走してくれて「なんていい所だ!」と心を打たれ、半年後には縁もゆかりもない高知に移住。

健康な体と多少のお金があれば人生は何とかなる。と自由を満喫中の雇われサラリーマン。

佐々木かおり

佐々木かおり

1979年生まれ。須崎市出身。一児の母。

大学進学の為県外へ出るが、就職を機にUターン。2013年高知県地域移住サポーターを委嘱。

古民家を改修した「すさきまちかどギャラリー」の運営に携わり、地域住民や移住に関する様々な人とのつなぎ役、相談役として活躍中。